おおぶ 大府 遺言

 

 

 

昨今の終活ブームによりエンディングノートを書かれる方が増えています。

 

ご自身の状況を把握されるには、エンディングノートは大変優れています。終活の第一歩としてはお勧めできるものです。

 

ただし、エンディングノートと遺言の違いをきちんと理解し、状況によって使い分けなければトラブルの原因となることが予想されます。

 

エンディングノートには法的効力がありません。そのため、ご自身の死後の相続手続きなどのことについて、エンディングノートに記載したとしても、それは希望であり、強制はできないのです。そのため、生前会議のみを行い、口約束のみによって遺産の帰属先を決定するような危険性があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ