おおぶ 大府 遺言

 

 

 

法律によると遺言をすることができるのは以下の方に限られます。

 

15歳に達した者(民法第961条)

 

遺言能力のある者(民法第963条)

 

 

意思能力の無い方により作成された遺言は無効となり、認知症の方が作成された遺言は、この要件を欠いている可能性があります。

 

また、このような症状が出てから作成された遺言は、遺言者が亡くなり、実際に相続が開始した時に、相続人間で遺言の有効・無効を巡っての争いに発展しかねません。

 

認知症になる前に対策を行うことが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ